webライター

クラウドソーシングとは‐注意点から今後まで徹底解説!

Webライティングを始めようとすると「クラウドソーシング」という言葉に必ず出会いますよね。

クラウドソーシングって何?」

「クラウドソーシングを使った働き方を知りたい!」

と考えているあなたに向けて、この記事ではクラウドソーシングの基本からWebライターにとってのメリット、デメリット、気を付ける点まで徹底解説します。

こんな方におすすめ

  • クラウドソーシングについて知りたい方
  • クラウドソーシングをこれから使う方
  • クラウドソーシング上でのトラブルを避けたい方

 

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングは、企業が不特定多数の人に業務を委託する形態のことを指します。

言葉の成り立ちとしては、群衆を意味する「crowd」と業務委託を意味する「sourcing(ソーシング)」を組み合わせた造語です。

 

一般的には、企業側がクラウドソーシングサイトを介して委託したい業務の募集を行い、応募者を選定、依頼するという流れで成り立っています。

企業側からすると「必要な時に必要な人材を雇用することができる」ので、非常に便利なサービスといえます。

現在はWebメディアが盛んなこともあり、クラウドソーシングを使う企業が増えてきています

 

クラウドソーシングの募集案件は、誰でも取り組めるライティングから専門性の高いアプリ制作まで非常に多岐にわたります。

また、収入に関しては制作したものによって単価が発生する場合がほとんどです。

Webライティングの場合は「1文字1円 / 3000字の記事」といったように文字単価での発注が多くあります。

 

Webライターがクラウドソーシングを使うメリット・デメリット

Webライターにとってのメリット

クラウドソーシングは、企業側だけでなくWebライターにとっても便利なサービスです。

主なメリットは以下の2つです。

  • 好きな場所で働ける
  • 好きな時間に働ける

 

好きな場所で働ける

クラウドソーシングを使う場合、条件交渉から打合せ、報酬の受け取りまで全ての業務をオンラインで行えます。

そのため、好きな場所で自分の生活スタイルに合わせて仕事を進めることが可能です。

 

好きな時間に働ける

Webライティングの場合は単価での発注が多いため受注側は、空いた時間などを利用して自由に取り組めるというメリットがあります。

簡単なアンケートや口コミであれば30分ほどで作業が終わりますよ!

 

Webライターにとってのデメリット

クラウドソーシングはWebライターにとって非常に便利ではありますが、一方でデメリットも存在します。

主なデメリットは以下の2つです。

  • 収入が不安定
  • 最初は信頼を得にくい

それぞれ詳しく説明していきます!

 

収入が不安定

クラウドソーシングを利用する際の大きな悩みは「収入が不安定」ということです。

未経験で始めた場合、最初は大きな仕事を任せてもらえないため、単価が低い案件から受注することになります。

報酬を上げていくには、継続的に案件をこなして実績を積んでいくことが必要です。

そのため、安定した収入を得るまでは「小さな仕事からコツコツ書いていく根気が必要」ということを覚悟しておきましょう。

 

最初は信頼を得にくい

Webライターとして仕事をする際、最初のうちは実績がないためクライアントからの信頼が得にくくなってしまいます。

ですが、このデメリットは着実に案件をこなし、実績を積んでいくことで必ず解決できます。

クラウドソーシングでの仕事は、はじめのうちはデメリットが目立つので実績ができる前に挫折してしまう人が多いです。

ただし、着実に案件をこなしていくことで「収入」と「信頼」のデメリットは解消できるので、まずは仕事をしながらスキルアップに努めましょう。

 

クラウドソーシングサイトの使い方

クラウドソーシングでは、仕事の受注から納品、支払いまでをすべてオンライン上で行うことができます。

基本的な流れは以下の通りです。

基本的な流れ

仕事を探す

応募する

契約条件を相談する

契約

作業開始

納品

検収

報酬確定

ただし、業務形式によって流れが異なる部分もあります。

形式による仕事の進め方についてはこのあと詳しく説明していきます!

 

クラウドソーシングの業務形式

クラウドソーシングの業務形式は「タスク形式」「プロジェクト形式」「コンペ形式」に分けられます。

それぞれの形式の特徴について説明していきます。

タスク形式

数十~数百字の短い文章を作成する形式です。

金額や納期の交渉をせずに募集されている案件に申し込めば作業を始めることができます。

案件内容としては、商品の口コミ体験談などが多いです。

実績がなくても取り組めるので、初心者におすすめの形式といえます。

ライティング未経験の方は、まずタスク形式の案件に取り組んでみると仕事の流れが掴めると思います!

 

プロジェクト形式

案件に応募し、クライアントに選ばれて契約をすることで仕事を受注する形式です。

プロジェクト形式の報酬は固定報酬制時給制に分けられます。

固定報酬制は契約時に金額を決め、作業終了後に報酬が支払われる形式で、

時給制は「1時間1000円」など実際に働いた時間に合わせて報酬が支払われる形式です。

 

プロジェクト形式は継続案件が多く、単価もタスク形式に比べて高いので安定した収入を得るにはプロジェクト形式に取り組むことが必要です。

ただ、1つのプロジェクト案件に多くの受注者が応募をするので、プロジェクト形式の案件で選ばれるには実績やテストライティングで実力を示すことが必要となってきます。

 

コンペ形式

作品を制作し、選ばれた方に報酬が入る形式です。

Webライティングのコンペ案件は、ネーミングやキャッチコピー作成が多くあります。

発注者にとっては多くの案を集めることができるというメリットがあります。

受注者にとっては、選ばれなかった場合、報酬が得られないので制作時間が無駄になってしまう可能性が高いということを把握しておきましょう。

 

クラウドソーシングで気を付けること

クラウドソーシングは誰でもすぐに始められる便利さがある一方で、トラブルが発生することもあります。

ここからは、クラウドソーシングで発生するトラブルとその対応策についてご紹介します。

 

クライアントとのコミュニケーショントラブル

クラウドソーシングはオンラインでやり取りを行うため、意思疎通に関するトラブルが多く発生します。

具体的なトラブルとしては

  • 何度も修正を求められる
  • 返信が遅く仕事が進まない
  • 契約後に条件が変更される

といったことが挙げられます。

こういったトラブルを防ぐには、受注前に契約条件をしっかり読み込むこと、そして不明点に対してはその都度連絡をすることが重要です。

発注者に対する連絡は「こんなに聞いてもいいのかな」「しつこいと思われないかな」と気が引けてしまいますよね。

ですが、連絡をとることで発注者との関係が悪くなることはありません!

発注者側からすると、何も聞かれずに後で修正を頼むよりも事前に受注者と意見を聞いてから作業をしてもらったほうが修正も少なく済みます。

また、発注者への連絡をこまめに行うことで、仕事への意欲、積極性を伝えることにもつながります。

疑問点・不明点は遠慮せずにどんどん聞いて、トラブルを未然に防ぎましょう。

 

報酬が支払われないトラブル

「せっかく頑張って書いたのに報酬が支払われない」というトラブルも発生することがあります。

報酬に関するトラブルを防ぐためには「仮払い」というシステムを利用しましょう。

「仮払い」は契約成立後(作業開始前)に発注者がクラウドソーシングサイトに支払いを行い、作業終了後にサイトから受注者に報酬が支払われるシステムです。

仮払い

「仮払い」によって発注者は、作業終了後まで受注者本人への支払いを行わずにすみ、受注者は納品後に報酬が支払われるという保証があるため、お互いに安心して作業を進めることができます。

 

また、クラウドソーシングでは質の悪いクライアントがいるというのも事実です。

報酬が支払われないトラブルを防ぐためにも、受注の前には案件の内容だけでなくクライアントの発注実績や評価の高さ、本人確認をしているかを確認し、信頼できるクライアントかを判断しましょう。

 

クラウドソーシングでのトラブルは

  • 案件内容、発注者の実績を確認すること
  • 発注者とのこまめなやり取り

で防ぐことができます。

以上の2点を心がけながら、クラウドソーシングサイトを利用していきましょう。

 

クラウドソーシングの今後

クラウドソーシングの需要は今後、高まっていくと考えられています。

というのも、労働力人口の減少や人材の流動化によって、労働者の働き方が多様化しているためです。

 

今後はクラウドソーシングを活用する業種が広がり、労働者にとっての選択肢も増えていくことが期待されます。

クラウドソーシングについて理解しておくと、自分自身の働き方の幅も広がるといえそうですね。

 

まとめ

この記事では、クラウドソーシングについてご紹介しました。

クラウドソーシングはWeb上で仕事をする際に使わない手はないとっても便利なツールです。

 

現在は、Webメディアが盛んなこともあり、クラウドソーシングサービスも多様化しています。

仕事をスムーズに進めていくためにも、自分に合ったサイトを見つけて利用していくことがおすすめです。

以下の記事では、クラウドソーシングサイトの特徴をご紹介しています。サイト選びの参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

-webライター
-, ,

© 2021 Writing Lab. Powered by AFFINGER5