webライター

Webライターとは-仕事内容 / 年収 / スキルアップ法を徹底解説!

 

「Webライターってどんな仕事なんだろう」

「収入はいくらくらいかな」

と考えているあなたに向けて、この記事ではWebライターの働き方年収向いている人必要なスキルなどなど・・・

Webライターについて詳しくご紹介します!

こんな方におすすめ

  • Webライターに興味がある方
  • Webライターの働き方・年収について知りたい方
  • 稼ぐライターになるためのスキルアップ方法を知りたい方

Webライターとは

WebライターとはWebサイト上で文章を書く人を指します。

仕事によっては1記事単位で受注できる案件もあるので、最低限のライティングスキルがあれば誰でもすぐに始めることができる仕事です。

最近では、空いた時間にWebライターとして働くという学生主婦の方がどんどん増えてきています。

 

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事内容は、パソコンを使って依頼内容に沿った記事を書いていくことが基本となります。

記事の内容としては、

  • 企業のWebサイトに掲載するコラム記事
  • 商品の説明文
  • おすすめ記事

など幅広い内容のライティングを行います。

また、ライティングの際には、「書く」だけではなく「調べる」「本を読む」「写真を撮る」などの作業が発生することもあります。

特に「調べる」作業は記事を書く前に必ず行う、非常に大切な作業です。

取材のライティングであれば、取材相手のことを事前に調べる必要があり、

おすすめ記事であれば、おすすめする対象物のことをしっかり調べる必要がでてきます。

 

Webライターは「書く」以外にもいろんな作業が必要なんです

 

Webライターの働き方

Webライターの働き方は大きく2つに分けられます。

1つは、企業に勤めて商品やサービスを紹介する企業専属のWebライターになるという働き方。

もう1つは、企業に勤めずフリーランスとして活躍するという働き方です。

では、それぞれの働き方について詳しく説明していきます。

 

企業専属のWebライター

企業専属ライターの場合、執筆内容は商品自体を紹介する記事や企業のサービスについて説明する記事など務める企業によって大きく異なります。

企業専属のライターとして仕事を始めたい場合は、書類選考から面接を受けるという流れが一般的です。

これはライターに限らずどの職業にも当てはまる流れですね

ただ、ライターの書類選考では、過去の執筆記事の提出を求められることがあります。

選考段階でライティングスキルを示す必要があるという点が企業専属ライターの特徴です。

 

また、新卒でのWebライター募集はほとんどなく、経験者の募集がほとんどとなっています。

そのため、企業で社員として働く場合、はじめはアルバイトとして働き、その後社員になるという方法が多いです。

また、別の会社でライターとして経験を積んでから希望の会社に応募するという方法もあります。

 

フリーランス

フリーランスとして働く場合は、自分で仕事を探す必要があります。

仕事を探す方法としては企業に直接自分の記事を売り込む、またはクラウドソーシングを利用して案件を見つけるということが多くなります。

 

クラウドソーシングは、企業が不特定多数の人に業務を委託する形態のことを指します。

クラウドソーシングサイトには誰でも取り組めるライティングから専門性の高いアプリ制作まで様々な案件が存在しています。

副業でライターをする場合は、クラウドソーシングの利用が一般的です

また別の仕事の探し方としては、それぞれのメディアがサイト内で募集をかけているかを定期的に確認し、募集が出た際に自分が書いた過去記事を送るという方法もあります。

 

「未経験でメディアに応募するのはハードルが高い」と感じる方、「まずは実績をつくりたい」と考えている方は、まずクラウドソーシングから始めることをおすすめします。

おすすめのクラウドソーシングサイトについてはこちらの記事をご覧ください。

 

Webライターの年収

年収はライターによって大きな差があります。「クラウドワークス」によると平均年収はおよそ300万円です。

企業に勤めるWebライターであれば、ある程度の収入を確保できますが、フリーランスだと安定した収入の確保は難しくなってきます。

またフリーランスの場合、はじめは文字単価の低い案件が多いため、最初から高収入を得ることは難しいというのが現状です。

フリーランスとして収入を得ていくには、「実績を積み、少しずつ収入を増やしていくことになる」ということを覚悟しておきましょう。

 

Webライターに必要な道具

Webライターの必須アイテムは「パソコン」と「スマートフォン」の2つです。

どのように使っていくのかを説明していきます。

パソコン

Webライターにとっての必須アイテムの1つが「パソコン」です。

文章を作成する際には「Googleドキュメント」「Word」を使うことになります。

これらのツールはスマホからでも使えますが、記事を作成するにはパソコンの方が圧倒的に素早く仕上げることができます。

効率よく記事を書くためにもパソコンは必須アイテムです。

 

スマートフォン

スマートフォンはクライアントとのやりとりで使用することが多いです。

スマートフォンであれば、出先でもすぐに返信できるので、クライアントの信頼を得ることにもつながります。

また、クラウドソーシングサイトを通して仕事をする場合は、スマホで案件を探すこともできますよ。

私は、パソコンでは記事作成と納品、スマホで案件探しやクライアントとのやり取りといった形で使い分けています!

 

Webライターの仕事はインターネット環境が整っていればどこでも作業可能です。

「パソコン」「スマートフォン」があればWebライターとしてすぐに仕事が始められます!

 

Webライターに必要なスキル

Webライターに必要なスキルは「基本的なパソコンスキル」「わかりやすく伝える力」の2つに分けられます。

基本的なパソコンスキル

Webライターとして働く際に必須となるのが「パソコンスキル」です。

スキルといってもそんなに難しいものではありません。

 

基本的な文章作成では「Googleドキュメント」「Word」

クライアントとのやりとりでは「Chatwork」「Slack」を使うことが主になります。

以上の「Googleドキュメント」「Word」「Chatwork」「Slack」の使い方に慣れておけば、ライティング作業をスムーズに進めていくことができますよ。

 

わかりやすく伝える力

Web上の記事は大人から子どもまで読むことができます。そのため、Webライティングでは、わかりやすい文章表現が大切です。

わかりやすさの基準として、「子どもが読んで理解できるか」ということを念頭に置くと記事が書きやすくなりますよ。

また、記事執筆後は言い回しがわかりにくくなっていないか、難しい漢字を使っていないかということを確認しておきましょう。

文章のレベルを測る際は「帯3」がおすすめです。

文章を張り付けるだけでテキストの難易度を「小学1年」から「大学・一般」までの13段階で測定してくれます。

記事執筆後にぜひ活用してみてください!

帯3

 

持っていると良い「SEOの知識」

SEOの知識はWebライターとして持っていた方がいいプラスアルファのスキルとしてご紹介します。

SEO(Search Engine Optimization)は日本語では「検索エンジン最適化」という意味で、

GoogleやYahoo!といった検索エンジンにページを理解してもらい、記事が上位表示されるように対策を行うことを指します。

検索時に上位表示されるほどサイトの訪問者数も増えるので、クライアントは自社のサイトが上位に表示されることを重視しています。そのため、「SEOを意識した記事が書けるか」でWebライターの価値も変わってきます。

WebライターにとってSEOの知識はあって損はないといえますね

☆より詳しくは で紹介していますので、気になった方はこちらから

 

 

Webライターに向いている人

Webライターに向いている人の特徴としては「調べることが好き」「伝えることが好き」「コツコツした作業が得意」という3点が挙げられます。

調べることが好き

Webライターはコラム記事や商品の説明文などを書くことが多いため、執筆前に書く内容について調べることが常に重要になってきます。

記事によっては書く時間よりも調べる時間のほうが長くなるということも多いです。

そのため、「文章を書くことが好き」というだけではなく、「調べることが好き」という方に向いている仕事といえます。

 

伝えること、教えることが好き

Webライターは文章を書くことで、読者の方に情報を「伝える」仕事ともいえるので「物事を伝えること、教えることが好きな方」に向いている仕事といえます。

Webライティングでは、「相手が何を知りたいのか」「どうすれば疑問を解決できるのか」を考えながら書いていくことになります。そのため、文章が好きというよりも「相手に伝えることが好き」という方にピッタリの仕事です。

 

コツコツとした作業が得意

Webライターは基本的に、文章を書き続ける必要があります。

1万字を超えるような案件の場合は、ずっとパソコンに向かい続けることになるため、コツコツと作業できる方でない苦痛に感じてしまうかもしれません。

 

Webライターとしてスキルアップするには

Webライターは誰でも簡単になれる職業であるからこそ、初心者からベテランまで色んな方が入り混じっています。

そのため、稼げる人とそうでない人の差が大きく開いているというのが実情です。

実力のあるライターとして案件を獲得していくためにも、スキルアップしていくことが必要となってきます。

では、どうすればスキルアップできるのか。以下で説明していきます!

 

たくさん書く

スキルを身につけるには、まず「たくさん書く」ということが確実な方法です。

Webライターをはじめてすぐは、1つの記事に何時間もかかって、なかなか稼げずに不安になると思います。

ですが、ここで立ち止まらず、どんどん書いていきましょう!書かないことにはライティングスキルは身につきません。

書き続けることで自分の得意分野や書き方が必ず見えてきます。

効率よくライティングをしていくためにも、まずは焦らず、書く作業に慣れることから始めてみましょう。

 

添削をしてもらう

クライアントから添削をしてもらうこともスキルアップには重要です。

私自身、Webライティングをはじめたころは案件を探す際に「添削してもらえるか」を確認するようにしていました。

記事を書いていないクライアントの視点は読者の視点と近いので、自分では気づけない読者視点の意見を知ることができます。

 

「添削」してもらえる案件が見つからない場合は、「フィードバックがもらえるか」を事前に確認しておくことをおすすめします。

フィードバックをもらうことでスキルアップにつながることはもちろん、クライアントとの認識の違いも防ぐことができます。

さらに、フィードバックの内容をもとに記事を書くことでクライアントの満足度を上げることにもつながります。

 

スキルアップには「たくさん書く」ことで自分自身の書き方を身につけ、「添削をしてもらう」ことで他者の意見を吸収していくことが効果的です。

 

まとめ

この記事ではWebライターの働き方や年収、必要なスキルなどをご紹介しました。

Webライターは今すぐ始められる、誰にでもチャンスのある仕事です。

 

Webライターに少しでも興味のある方は、100字などの簡単な案件から、ぜひ一度始めてみてください。

書くこと、伝えることの楽しさをきっと実感できますよ。

 

 

-webライター
-, , , ,

© 2021 Writing Lab. Powered by AFFINGER5