webライター

【初心者向け】Webライターのつらいこと,挫折への対処法とは?

 

Webライターは誰でも気軽に始められる職業として、興味を持っている方は多いと思います。

ですが、その気軽さゆえに始めてからWebライティングのつらさ、大変さに耐えられず挫折してしまう方も少なくありません。

 

Webライティングを継続していくには、つらさも理解しておくことが得策です。

この記事では、Webライターにとってつらいこと挫折をしないためにできること挫折をしてしまったときの対処法をご紹介します。

 

こんな方におすすめ

  • これからWebライターになろうと考えている方
  • Webライターはどんなことがつらいのかを把握しておきたい方
  • 挫折をしないためにできることを知りたい方

 

Webライターのつらいこと

仕事がとれない

Webライターをはじめてすぐは実績もないため、どうしても仕事が取りづらくなります。

クラウドソーシングサイトなどでは、一つの案件に多くの人が応募をするため、その中から経験者が採用されることが多くなります。

初心者のうちは10件応募をして1件通ったらいい方です。

不採用は当たり前と考えてどんどん応募をしていくことが重要となってきます。

テストライティングを重ねていくこともスキルアップにつながるので、はじめは採用されることよりも応募をすることに重点をおきましょう

 

時給が低い

初心者ライターは、実績が少ないため高単価案件には採用されにくくなってしまいます。

そのため、始めてすぐにライティング時間とその報酬の時給換算をすると「全然稼げない」と感じてしまいがちです。

(例)2000字の記事で文字単価0.5円の案件

執筆時間5時間の場合→時給は200円になります。

ですが、ここで挫折してしまうのは非常にもったいないです。

なぜなら、Webライターはアルバイトとは違い、書き続けることで実績が増え、報酬も上げていくことができるからです。

アルバイトの場合は1年働いて時給10円アップなどが多いですよね。

ですが、Webライターの場合は、はじめは文字単価0.5円でも、次にとれた案件が文字単価1円の場合、報酬は一気に2倍になります。

自分のスキルが上がるとともに稼げるようになるのは非常に嬉しいですよね。

なので、Webライターは始めてすぐに「稼げない」と判断せずに、つらさを乗り越えた先のことを見据えてスキルアップに励むことが重要となってきます。

 

執筆に時間がかかる

Webライターを始めたころは、書き方が分からなかったり、納得の記事が書けずに悩んだりととにかく執筆に時間がかかります

私自身、はじめたころは2000字の記事を書くのに5時間くらいかかっていました・・・。

 

誰しも最初は時間がかかります。

これから始める方は「なかなか書けずにつらい」と思い込まず「最初は時間がかかるものだ」と割り切って、「いっそ丁寧に取り組もう!」ぐらいの気持ちを持つことが大切です。

「書き方が分からずにつらい」という方は本から学ぶというのも一つの手です。

文章力に関するおすすめ本は以下の記事でまとめています。ぜひ参考にしてください!

 

納期に追われる

仕事が受注できるようになってくると、つい受注をしすぎてキャパオーバーになるというつらさも生まれます。
そうすると休日返上で仕事をすることにもなりかねません。

納期に追われることを避けるためにも、Webライターは自己管理がなによりも大切です。

受注前には、できるだけ余裕を持って作業ができるように計画をたてることが重要になってきます。

また、間に合わないと分かった時点でクライアントに連絡をすることも忘れないようにしましょう。

 

 

挫折をしないためには

Webライターは慣れるまでが一番大変です。そのため、慣れる前に挫折をしてしまう人が多くいます。

ここからは挫折をしないために、つらいことをどう乗り越えればいいのかをご紹介します。

実際にWebライターとして活動する私自身がやっていることをご紹介するのでぜひ参考にしてください。

 

目標を明確にする

Webライターとして活動をしていくためには明確な目標設定が大切となってきます。

ここで重要なことは“お金以外”の目標を設定することです。

「月収10万円」などお金を目標にすると「つらいこと」で先ほどご紹介したように、時給が上がらずにつらさばかりが先行してしまい、せっかく決めた目標が挫折の原因になってしまいます。

Webライターの目標は、スキルアップを念頭に置くことがおすすめです。

(例)

  • 1か月で10記事執筆する
  • Webライター検定2級を取得する
  • 得意ジャンルの案件を受注する
  • 実績を増やして転職をする
スキルアップをしていくことで自然と報酬を上げていくことにもつながりますよ

 

ブログを始める

受注案件は自分の好きなことを執筆できるとは限らないので、ライティングのモチベーションが下がってしまうこともあります。

そんなときに自分の好きなこと、得意なことを書く場としてブログを始めるというのも、Webライターのモチベーション維持には最適です。

 

さらに自分でブログを運営すれば、ライティングスキルも身につきますし、SEOの知識も主体的に学べます。

実はWebライターとブログ運営は相性抜群なんです

 

ライティングスキル向上に力を入れる

ライティングスキルはライターとして仕事を受注していくためにも必須スキルです。

ライティングスキルは“とにかく書くこと”で執筆スピードも上がり、書き方も身についていきます。

ただ、初心者Webライターの方は最初に以下の2冊で最低限の知識を身につけておくことをおすすめします。

書き方の基本が身につく『新しい文章力の教室

Webライティングの基本が学べる『沈黙のWebライティング

この2冊を読めば書き方が分からなくてクライアントを困らせるということは無くなります。

ただ、ライティングスキルは書くことで上達していくので、本を読み終えたらどんどんライティングに取り組みましょう。

書き方の基礎を知っておくと、ライティングスキルを効率的に高めることができますよ

 

他のWebライターと交流をする

周りの人との交流はWebライターを続けていく上で大きな力になります。

 

例えば、学校の勉強で一人だと集中できないけど図書館などで一緒に勉強をする人がいると「がんばろう」と思えたことはありませんか?

Webライターも同じで、基本的に一人での作業が続くので、つらいことにぶつかった際に挫折しやすい環境になってしまっています。

そんなときに他のWebライターと交流をしていれば、周りのがんばりを知ることができ、「自分もがんばろう」とモチベーション維持につなげることができるんです。

 

周りの人との接点を持っておくためにも、ぜひWebライター仲間を見つけてみましょう。

最近ではTwitterなどでも進捗を投稿したり、交流をしている人も多くいるのでTwitterを使ってみるのもおすすめです

 

挫折をしてしまったときの対処法

 

対処法1:思い切って休む

Webライターからいったん離れるというのも一つの手です。

Webライターには自分で仕事の量を調節できるというメリットがあります。

このメリットを最大限利用して、また始めたいと思えるまで休むことも選択肢に入れておきましょう。

休むことは悪いことではないので、つらくなったら少し休憩しようという余裕を持っておくこともWebライターには大切です!

 

対処法2:目標を小さくする

挫折をしてしまったら「パソコンを開く」など、自分ができる最小の範囲でいいので、行動を起こすことが大切です。

Webライターは挫折をしてもまたいつでもスタートできる職業です。

「挫折=終わり」と考えずに小さなことからライティングにつながるような行動を起こしてみましょう。

行動を起こすことで自然とやる気も起きてきますよ

 

まとめ

この記事ではWebライターのつらいこと、挫折をしないためにできること、挫折をしてしまったときの対処法についてご紹介しました。

〈つらいこと〉

  • 仕事がとれない
  • 時給が低い
  • 執筆に時間がかかる
  • 納期に追われる

〈挫折をしないためにできること〉

  • 目標を明確にする
  • ブログを始める
  • ライティングスキル向上に力を入れる
  • 他のWebライターと交流をする

〈挫折をしたときの対処法〉

  • 思い切って休む
  • 目標を小さくする

Webライターの仕事は一人で黙々と進めていくため、悩みも一人で抱え込んでしまいがちです。そのため、つらいことに対処しきれずに挫折してしまうことが多くなってしまいます。

ですが、続けていくことでスキルが向上し、実績も増え、楽しさも実感できるようになります。

つらいことを把握したうえで「Webライターに挫折はつきもの」「挫折しつつ、成長していこう!」ぐらいの気持ちを持っておくことがWebライターとして活動していくには重要となってきそうですね。

-webライター
-, , , ,

© 2021 Writing Lab. Powered by AFFINGER5