webライター

【Webライター】スキルアップのコツ7つをご紹介します!

 

「ライティングスキルが向上しなくて悩んでいる」

「仕事の幅を広げるためにもスキルを身につけたい」

と考えているWebライターの方は多いのではないでしょうか。

この記事では、スキルアップを目指している方に向けてWebライターに必要なスキルそのスキルを身につけるコツを徹底解説します。

こんな方におすすめ

  • ライティングスキルが向上しなくて悩んでいる方
  • Webライターに必要なスキルを知りたい方
  • スキルアップをして仕事の幅を広げたい方

 

Webライターに必要なスキルとは

Webライターとして活躍している方と記事が上手く書けない人では何が違うのでしょうか。

まずはWebライターに必要なスキルについて解説をします。

必要なスキルについて知ることで、活躍しているライターが持っているスキルとは何かを学んでいきましょう!

 

正しい日本語を使うスキル

正しい日本語を使うことはクライアントと読者の信頼を得るには非常に重要なスキルです。

「聞く」と「聴く」の使い分け方や「作成」と「作製」の違いなど、日本語には間違えやすい言葉が多くあります。

Webライティングをしていく上では、相手に誤解を与えないように、本来の正しい意味を理解して正しい日本語を使っていくことが重要です。

そのため、記事の信頼性を高めるにはライティングをしながら言葉について調べるといった丁寧な執筆作業が大切になります。

 

Webライターが間違えやすい日本語については以下の記事で解説しています。間違えやすい日本語をまとめた本も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

 

 

わかりやすい文章を書くスキル

Web上の記事は大人から子どもまで読むことができます。そのためWebライティングでは、わかりやすい文章を書くスキルが重宝されます。

わかりやすさの基準として、「子どもが読んで理解できるか」ということを念頭に置くと記事が書きやすくなりますよ。

また、記事執筆後は言い回しがわかりにくくなっていないか、難しい漢字を使っていないかということを確認することが記事の質を高めるためにも大切です。

 

自分の文章レベルを測りたい方は『帯3』というツールを使ってみましょう。

文章を張り付けるだけでテキストの難易度を「小学1年」から「大学・一般」までの13段階で測定してくれます。

記事執筆後にぜひ活用してみてください!

帯3

 

記事に独自性を盛り込むスキル

今、Web上には記事がとにかくあふれています。その中で自分の記事を読んでもらうには、読者にとって有益な情報を入れることはもちろん、そこに独自性をプラスすることが重要です。

 

例として「オムライスのつくり方」に関する記事を書く場合、ライター独自のアレンジ方法失敗談を入れることで読者に満足感や説得力をより強く伝えることができます。

読まれる記事を書くにはライターの視点から読者に有益な情報を入れるスキルが重要といえそうですね!

 

Webライターがスキルアップをするコツ7選

ライティングスキルを身につけるためには「とにかく書くこと」が重要と言われていますが、Webライティングでは書くこと以外にもスキルアップをする方法が多くあります。

ここからはWebライティングのスキルを高めるためにできることを7つご紹介していきます。

 

コツ1:本を読む

ライティングに関する本を読むこともスキル向上には非常に効果的です。

知識を身につけたうえでライティングを行うことで、より効率的にスキルアップにつなげていくことができます。

 

初心者ライターの方はまずこの2冊を読んでみるとWebライターに必要な最低限の知識を身につけておくことができますよ。

書き方の基本が身につく『新しい文章力の教室

Webライティングの基本が学べる『沈黙のWebライティング

 

 

コツ2:上位表示記事を読む

上位表示されている記事は、読者のニーズを満たす記事と認められているということです。そのため、上位表示記事を読むことはライティングの勉強にもつなげることができます。

 

記事を執筆する際に、他のサイトを参考にすることもあると思います。

上位表示記事を見る際には記事の書き方や特徴、文章の流れを意識しながら読んでみましょう。

上位表示記事に共通する点やライター独自の書き方などを身につけることができますよ

 

コツ3:文章を書き写す

文章力を高めるには、お手本にしたい文章を書き写すことも有効です。

有名な方法としては、朝日新聞の天声人語を書き写すことで文章力を身につけるというものもあります。

 

書き写すと読むだけよりも文章の流れや構成がつかみやすくなります

文章の流れや特徴をつかむことが目的なので、書き写す方法は手書き、パソコンどちらでも大丈夫です。

文章の構成を意識しながらお手本にしたい文章を書き写してみましょう。

 

コツ4:添削をしてもらう

クライアントから添削をしてもらうこともスキルアップには効果的です。

記事を書いていないクライアントの視点は読者の視点と近いので、自分では気づけない読者視点の意見を知ることができます。

 

私自身もWebライティングをはじめたころは添削をしてもらえる案件に応募をしていました

 

また、添削をしてもらうことでスキルが向上することはもちろん、クライアントとの認識の違いを確認することにもなるので、クライアントとの信頼を築くことにもつながりますよ。

 

コツ5:執筆時に6W2Hを意識する

学世時代に「5W1H」を習ったことがあるのではないでしょうか。

〈5W1Hとは〉

「いつ」「どこで」「だれが」「何を」「なぜ」「どのように」からなる情報を伝達する際の重要な要素を表す言葉

Webライティングでは5W1Hに「誰に」「いくらか」を追加して6W2Hを意識して書くことが重要です。

(例)テーマ「車の洗い方」

誰に→洗車を考えている方、車を持っている方

いくらか→洗車用具の値段、洗車場で洗った場合の値段

6W2Hに当てはめていくことで、より詳しく内容の濃い記事を書くことができます。

また、構成を意識しながら書くことにもつながるので、ぜひ6W2Hを意識しながら執筆をしてみましょう。

 

コツ6:SEOの知識を身につける

〈SEOとは〉

GoogleやYahoo!といった検索エンジンにページを理解してもらい、上位表示されるように対策を行うこと

Webライターが増えている中で、SEOを意識した記事が書けるライターが重宝されています。

そのため、スキルアップをして仕事の幅を広げるにはSEOの知識は必須です。

SEOの基礎を身につけたいという方はまずは『沈黙のWebライティング』を読んでみましょう。

本書はストーリー形式なので初心者でもわかりやすくSEOの知識を学ぶことができますよ。

 

コツ7:ブログを始める

Webライターがブログを書くことはスキルアップには非常に最適です。

自分のブログであれば、練習の場として自由に書くことができますし、案件や書籍で学んだことをすぐに活かすことができます。

また、自分でブログを運営することでライティングスキルだけでなくSEOの知識も主体的に学べますよ

 

ブログを書くことには他にも多くのメリットがあります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

まとめ

この記事ではWebライターに必要なスキルそのスキルを高めるコツをご紹介しました。

〈必要なスキル〉

  • 正しい日本語を使うスキル
  • わかりやすい文章を書くスキル
  • 記事に独自性を盛り込むスキル

〈スキルアップのコツ〉

  1. 本を読む
  2. 上位表示記事を読む
  3. 文章を書き写す
  4. 添削をしてもらう
  5. 執筆時に6W2Hを意識する
  6. SEOの知識を身につける
  7. ブログを始める

必要とされるライターになるにはスキルアップをしながら周りと差をつけることが大切です。

「どんどん書くこと」を基本として、今回ご紹介した方法をぜひ実践してみてください。

-webライター
-,

© 2021 Writing Lab. Powered by AFFINGER5