ライティング

【書き方】Webライティングの流れとは?事前準備から徹底解説!

 

「何から書き始めれば良いのか分からない」

「Web記事の書き方の流れを知りたい」

と思っている初心者ライターの方も多いのではないでしょうか。

この記事ではWebライティングの特徴から書き方の流れ意識するポイントまで徹底解説します。

こんな方におすすめ

  • 何から書けば良いのか悩んでしまう方
  • Webライティングの特徴を知りたい方
  • 事前準備から記事執筆の一連の流れを学びたい方

 

Webライティングの特徴とは

Webライティングには書籍とは異なる特徴があります。

書籍では、豊富な情報量と知的な表現力が求められるのに対して、Web上の記事では「誰でもすぐ理解できる文章」が求められます。

Webならではの特徴を知っておくことでライティングの効率も上がるので、ぜひこの機会に特徴をおさえておきましょう!

 

特徴1:Webはわかりやすさが重要

Web上の記事は、大人から子どもまで誰でも読むことができます

そのため、内容を理解してもらうためにもわかりやすさが重要です。

また、記事を上位表示させるには検索エンジンから「わかりやすい記事である」と評価してもらう必要があります。

SEOを意識した記事にするためにも「わかりやすさ」は重要といえそうですね。

わかりやすい記事かどうかは『帯3』というツールで調べることができます。

帯3』では、テキストの難易度を「小学1年」から「大学・一般」までの13段階で測定してくれます。

記事執筆後にぜひ使ってみてください。

帯3

特徴2:読者は拾い読みしやすく、離脱しやすい

Web上の記事は基本的に無料で読むことができます。

読者はその手軽さから自分にとって必要な情報を拾い読みする傾向があります。

また、読者は記事に興味が持てないとすぐ別のサイトに移動してしまうのもWebならではの特徴です。

 

特徴3:何度も更新できる

Web上の記事は一度書いたら終わりではなく、何度も書き直すことができます。

簡単に更新ができるというのは、書籍とは大きく異なる点です。

何度も修正を重ねることで、魅力的な文章に仕上げていけるのは嬉しいですよね

 

Webライティングの事前準備

Webライティングは執筆前の準備が非常に重要です。

まずは事前準備の方法について4つに分けて解説していきます。

 

準備1:記事の目的を明確にする

執筆前に、記事の目的を明確にしましょう。

目的を最初に決めることで、記事の全体像がはっきりするので構成も立てやすくなります。

〈目的の例〉

  • アクセス数を増やしたい
  • 自社ページへの誘導記事にしたい
  • 記事で企業のブランディングをしたい
  • 連載記事にしたい

 

準備2:読者層を定める

記事を書く前に読者層を具体的に決めることで、読者を想像しやすくなり、読んでほしい読者に向けて書くことができます。

〈設定する項目〉

  • 年齢
  • 職業
  • 性別
  • ライフスタイル

 

明確な読者に向けて書けるので共感も得やすくなりますよ

 

準備3:SEOキーワードを調査する

執筆前には、読者が検索するキーワードを調査する必要があります。

キーワードを決めることで、検索ユーザーに記事を見つけてもらいやすくなり、記事の方向性も定めることができますよ。

キーワードの選定には『キーワードプランナー』などのツールを使うことがおすすめです。

書きたい内容に対して検索ユーザーがどれだけいるのかということも調べることができますよ。

 

準備4:必要な情報を集める

Webライティングでは書き始める前に情報を集めることが重要です。

情報を集めるには、これから書く記事の競合サイトをチェックしましょう。

競合サイトは「準備3」で決めたキーワードで検索をした際に上位表示されている記事を指します。

参考として上位10サイトを読んで、構成の傾向とタイトルの特徴を分析してみましょう。

チェックするポイントは「記事タイトル」「見出し」「全体の流れ」です。

チェックしていくなかで「上位サイトに書かれていないことは何か」「足した方がいいことは何か」を意識してみましょう。

上位サイトはあくまでも参考に、これから書く記事に独自性をもたせるために情報収集をしましょう。

 

Webライティングの書き方の流れ

事前準備が終わったら、さっそく記事の執筆にうつります。

ここからはWeb記事の基本的な書き方を流れに沿ってご紹介します。

 

1.タイトルを決める

読者はタイトルを見て、そのサイトを訪問するかを決めます。

読者に読んでもらうためにもタイトルはWebライティングにおいて非常に重要なポイントといえます。

タイトルをつける際のポイントは以下の通りです。

〈タイトルのポイント〉

  • 検索キーワードがタイトル前半に入っている
  • 32字以内(検索結果に表示される最大文字数)
  • タイトルで記事の内容がわかる

最低限、以上のポイントは意識しましょう。

より詳しいタイトルのつけ方は以下の記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

2.見出しを決める

タイトルをつけたら、見出しを決めて全体像をはっきりさせましょう。

見出しは記事の骨組みになります。

バランスのとれたまとまった記事にするためにも、本文を書き始める前に見出しを決めることが重要です。

事前準備で集めた情報をもとに何を書くべきかを取捨選択していきましょう。

読者は見出しから自分の知りたい内容を見つけて拾い読みすることが多いので、見出しは細かくつくって内容が伝わるようにすることがポイントです。

見出しが決まったら、「読者が理解しやすい流れになっているか」「コンテンツ不足がないか」を確認しましょう。

見出しにキーワードを入れるとSEOの効果も高まりますよ

 

3.リード文を作成する

リード文は「記事の紹介文」のことです。

読者はリード文を読んで「自分が知りたいことが書かれているのか」を判断します。

リード文では記事の内容を簡潔に伝えること読みたいと思ってもらうことを意識しましょう。

読者に読みたいと思ってもらうには「問いかけ」と「共感」が重要です。

「こんなことありませんか?」「こういう悩みは尽きないですよね」と読者の思いに歩み寄ることで、読者との距離を縮めることができます。

読者としても自分の思いを理解してくれているという安心感を得られます。

〈リード文で使える問いかけ〉

「~ということありませんか?」

「~ということはよくありますよね」

「~と考えている方は多いと思います」

「~という経験はありませんか?」

リード文では、以上の言葉を参考に記事の要約問いかけを入れるようにましょう。

 

4.まとめを書く

本文を書く前にまとめを書くことで、着地点が定まるので内容のブレを防ぐことができます。

まとめでは、本文のポイントを箇条書きで振り返るということと「記事を読んで得た知識をどう生かすのか」という今後のアクションの提示をしましょう。

 

5.本文を執筆する

まとめまで書いたら本文の執筆にうつりましょう。

記事を書いていく際は「PREP法(プレップ法)」がおすすめです。

〈PREP法とは〉

「Point(結論)・Reason(理由)・Example(具体例)・Point(結論)」の順で話を進めるフレームワークのこと。

PREP法は「簡潔にわかりやすく伝えること」に特化しているため、Webライティングに最適です。

本文を書いていく際にも「最初に結論を提示し、最後にもう一度強調する」という「PREP法」の書き方を意識してみましょう。

「PREP法」について詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

Webライティングで意識するポイントとは

本文を執筆する際に意識するポイントを3つご紹介します。

 

ポイント1:読者に寄り添った文章になっているか

本文を書いていく際は「読者に寄り添った文章か」を意識しましょう。

Web上の記事では必要な情報をただ羅列するだけでは、説得力の欠けた記事になり読者も離れてしまいます。

記事を読んでもらうためにも根拠の提示悩みに対する共感実体験を交えることで記事に説得力を持たせることが重要です。

読者が必要とする情報を入れて説得力を高めるためにも「読者に寄り添うこと」を意識しながら執筆を進めましょう。

 

ポイント2:こそあど言葉を多用していないか

多くの読者はWeb上の記事を流し読みするため、文章中に「こそあど言葉」があると「この」「その」が指す言葉を探す手間が発生してしまいます。

結果として理解しにくい文章となり、離脱率が高まってしまうため「こそあど言葉」は極力使わないようにしましょう。

また、「こそあど言葉」は読者にとって負担になるだけでなく、検索エンジンにとっても理解しにくくなってしまうので注意が必要です。

 

ポイント3:装飾を使っているか

Web上の記事は、内容のわかりやすさだけではなく記事自体の見やすさも重要です。

記事を書いていく際は、伝えたい部分がひとめでわかるように太字やマーカーなどの装飾を活用しましょう。

太字は一見出しにつき1~2個にするとメリハリのある見やすい記事になりますよ。

 

Webライティングで執筆後にやることとは

記事の執筆が終わったら校正をしましょう。

校正をする際は校正ツールで誤字脱字などのチェックをしたあと、自分で読んで見落としがないかを確認することがおすすめです。

〈校正のチェックポイント〉

  • 見出しだけで内容がわかるか
  • 結論が先に書かれているか
  • スムーズに読み進められるか

自分で確認する際は声に出して読むと間違いに気づきやすくなりますよ

校正ツールについては以下の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ

この記事では、Webライティングの特徴から書き方の流れ意識するポイントをご紹介しました。

〈事前準備〉

  1. 記事の目的を明確にする
  2. 読者層を定める
  3. SEOキーワードを調査する
  4. 必要な情報を集める

〈Webライティングの流れ〉

  1. タイトルを決める
  2. 見出しを決める
  3. リード文を作成する
  4. まとめを書く
  5. 本文を執筆する

〈意識するポイント〉

  1. 読者に寄り添った文章になっているか
  2. こそあど言葉を多用していないか
  3. 装飾を使っているか

Webライティングは何度も書くことで書き方も自然と身についていきます。

今回ご紹介した流れを念頭に置きながら、どんどん記事を書いていきましょう!

 

 

 

-ライティング
-, , , ,

© 2021 Writing Lab. Powered by AFFINGER5