ライティング

【PREP法】Webライティングで使えるテンプレートとは?

 

「どんな流れで書けばいいのか分からない」

「読みやすい記事が書けない」

と悩んだことはありませんか?

実は文章の書き方にはテンプレートがあるんです。

テンプレートに沿って書くことで初心者ライターの方でも読みやすい記事を書くことができますよ。

 

この記事では、Webライティングで使えるテンプレート「PREP法」「SDS法」についてご紹介します。

ご紹介するテンプレートが身につくおすすめ本についてもご紹介するので、実践する際の参考にしてください。

こんな方におすすめ

テンプレートを使った執筆方法を知りたい方

「PREP法」「SDS法」について学びたい方

読みやすい文章の書き方を身につけたい方

 

PREP法とは

「Point(結論)・Reason(理由)・Example(具体例)・Point(結論)」の順で話を進めるフレームワークのこと。

Point(結論):文章中で最も伝えたいことを述べる。

Reason(理由):結論に対する理由。「なぜなら」

Example(具体例):理由を裏付ける具体例。「例えば」

Point(結論):最後にもう一度結論を述べてまとめる。「つまり」

PREP法の特徴は「最初に結論を述べる」という点です。

最初に結論を述べることで、読者の集中力があるうちに要点を伝えることができます。

また、Webサイトの読者は「早く結論を知りたい」「悩みを解決したい」と思って検索をしているため、話の結論が見えないとストレスを感じてしまいます。

 

結論を最初に述べるPREP法は読者にストレスを与えずに記事を読んでもらえるテンプレートなんです。

〈PREP法の例文〉

Point(結論):わかりやすい記事を書くときは、PREP法を使うべきだ。

Reason(理由):なぜなら、PREP法を使うと読者の知りたいことを最初に伝えられるからだ。

Example(具体例):結論から書くことで、読者は趣旨を理解してから説明を読める。また、具体例も述べれば説得力が生まれる。実際に、説得力が重要とされるビジネスシーンではPREP法が推奨されている。

Point(結論):したがって、わかりやすさと説得力が求められる記事を書くときは、PREP法を使うべきだ。

 

〈PREP法のメリット〉

  • 結論を繰り返すため、記憶に残りやすい
  • 最初に結論が知れるため、時間のロスを防げる
  • 全体の流れをつかみやすい
  • SEOに効果的

検索エンジンに評価される文章は「ユーザーにとってわかりやすい文章」です。

PREP法は「わかりやすく伝える方法」のため、PREP法を使うことで検索エンジンからの評価も得やすくなります。

 

〈PREP法のデメリット〉

最初と最後で結論を繰り返すため、読者は「理詰めで説得をされている」と感じやすく、共感が得にくいというデメリットがあります。

共感を得るためにも、「Example(具体例)」で実体験や感情をいれることを意識してみましょう。

 

長文でPREP法を使う場合は要素ごとにPREP法を繰り返し使いましょう。

〈タイトル〉
〈リード文〉Point(結論)

〈大見出し〉

〈小見出し〉Reason(理由)
Point(結論)
Reason(理由)
Example(具体例)
Point(結論)

〈小見出し〉Example(具体例)
Point(結論)
Reason(理由)
Example(具体例)
Point(結論)

〈小見出し〉Example(具体例)
Point(結論)
Reason(理由)
Example(具体例)
Point(結論)

〈まとめ〉Point(結論)

 

SDS法とは

「Summary(概要)・Detail(詳細)・Summary(まとめ)」の順で話を進めるフレームワークのこと。

Summary(概要)

文章の趣旨。大まかな流れ。「~についてご紹介します。」

Detail(詳細)

Summary(概要)の主張。具体的な説明。

Summary(まとめ)

概要とは言い方を変えてまとめる。

「概要」と「まとめ」で同じ文章にしてしまうと、冗長な文章になってしまうため伝え方を変えるように意識してみましょう。

 

〈SDS法の例文〉

Summary(概要):わかりやすい文章の書き方をお伝えします。

Detail(詳細):わかりやすい文章を書くにはSDS法を使いましょう。(SDS法の具体的な説明)

Summary(まとめ):SDS法を使うことで文章の型に沿ったわかりやすい文章をかけるようになります。

 

PREP法とSDS法の違いとは

PREP法とSDS法では「どこに重点を置いて書くか」が異なります。

PREP法:Point(結論)に重点。結論を伝えるための方法。

SDS法:Detail(詳細)に重点。内容そのものを伝えるための方法。

伝えたいことが1つ決まっている時はPREP法、文章全体を伝えたい時はSDS法がおすすめです

 

「PREP法」「SDS法」の練習方法

  1. 書き始める前に文章の要点をまとめる(伝えたいことは何か)
  2. PREPに当てはまる部分を書き出す
  3. とにかくたくさん書く

「PREP法」「SDS法」は何度も書いていくうちに身についていきます。

まずは「結論から書き始める」ことを意識しながら書いてみましょう。

 

文章構成に役立つおすすめ本

『きちんと伝わる!センスのよい文章の書き方』

本書は、わかりやすい文章を書くことに重点を置かれています。

「なぜ文章がうまく書けないのか」という疑問に丁寧に答えている一冊です。

きちんと伝わる!センスのよい文章の書き方

 

『話すスキルUP すぐできる!論理的な話し方』

話し方に関する本ですが、Webライティングにも生かせる要素が満載の一冊です。

実践的なアドバイスが豊富に入っているため、論理的なわかりやすい文章を書きたい方におすすめです。

話すスキルUP すぐできる!論理的な話し方~話の組み立て方が上手になるPREP法の使い方~

 

まとめ

この記事では、Webライティングで使えるテンプレート「PREP法」「SDS法」についてご紹介しました。

〈PREP法〉
「Point(結論)・Reason(理由)・Example(具体例)・Point(結論)」

〈SDS法〉
「Summary(概要)・Detail(詳細)・Summary(まとめ)」

 

Webライティングではテンプレートを使うことで、説得力のあるわかりやすい文章を書くことができます

「PREP法」「SDS法」は誰でも使える優秀なテンプレートなので、ぜひ文章構成に活かしてみてください。

 

-ライティング
-, , , ,

© 2021 Writing Lab. Powered by AFFINGER5